国土交通省型式承認とは? | 高階救命器具株式会社/Takashina Life Preservers Co., Ltd.

国土交通省型式承認とは?

根拠のある安全と安心。

万が一の時に身を預けるPFD(ライフジャケット)には高い安全性が要求されます。
BLUESTORMのPFDは、国土交通省の定める試験に合格し、型式承認を取得しています。
実際に救命を想定したこれらの試験に合格している事が、BLUESTORMの高い安全性の証です。

外観検査
寸法や色度、寸法や構造が仕様書通りであることを確認します。生産・検定毎にも抜取検査を行います。

膨脹試験 / 耐圧試験(膨脹式救命胴衣のみ)
着用者に危害を与えることなく膨脹し、通常圧力の2倍の圧力をかけても破損しない事を確認します。
生産・検定毎にも抜取検査を行います。

浮力試験
水に浮かべた救命胴衣におもりを吊り下げ、24時間以上浮いていられる事を確認します。
作業用救命衣・小型船舶用救命胴衣の場合、大人用7.5kg(子供用5kg/小児用4kg)の鉄片を付けて、24時間以上浮いていられる事を確認します。
生産・検定毎にも抜取検査を行います。

荷重試験 (縦吊り)
おもりを付けた人型のフレームにPFD(ライフジャケット)を装着し肩部分を引き上げ、救命胴衣が破損しない事を確認します。大人用750N(約75kg)、子供用490N(約45kg)
生産・検定毎にも抜取検査を行います。

材料試験(耐候試験)
PFD(ライフジャケット)に使用する材料の耐候性を検証する為、キセノンライトを照射して材料強度の劣化が規定内である事を確認します。

着用試験
着用者が1分以内で正しく着用できることを確認します。

水上性能試験
実際に人が救命胴衣を着用し、垂直より後傾の姿勢で、顔面を水面より上に出して浮遊できることを確認します。

不注意膨脹試験(膨脹式救命胴衣のみ)
マネキンにPFD(ライフジャケット)を着用させ、規定角度・規定量の水を噴霧し、PFDが誤って膨脹しない事を確認します。

荷重試験 (横吊り)
大人用2000N(約200kg)、子供用1300N(約130kg)の重りをぶら下げ、救命胴衣が破損しない事を確認します。
生産・検定毎にも抜取検査を行います。

回転衝撃試験(膨脹式救命胴衣のみ)
回転する試験機にPFD(ライフジャケット)を入れ、規定時間回転させます。試験後にPFDを膨脹させ、穴等の損傷が無いか確認します。

PFD(ライフジャケット)のTYPE とは?

型式承認の小型船舶用救命胴衣を法定備品として搭載する場合、船舶の航行区域によって搭載できる救命胴衣の 種類【TYPE】 が分かれています。船舶でご使用になる場合にはTYPEをご確認ください。

2013年10月1日改定基準適適合マーク

このマークは小型船舶関連事業協議会・救命具部会の会員が製造する、
型式承認基準( 2013年改正)に適合した製品に標示されるものです。
2013年10月1日に国土交通省型式承認基準が改正されました。
改正基準では水平強度試験、垂直強度試験の強度面の見直しが行われ、更に 高い強度基準が要求されています。
PFDの使用される主要部材は全て部材試験を行い、基準をみたした部材のみ がPFDに使用されています。
その他、膨脹式PFDには回転衝撃試験、不注意膨脹試験などの試験が追加さ れ安全安心が向上しています。