会社情報 | 高階救命器具株式会社/Takashina Life Preservers Co., Ltd.

代表あいさつ

 創業者の高階忠義、また前社長 高階尚也の本業にこだわったものづくり、そして世界一になる夢を預かり、この変化の厳しい時代を社員一同乗り越え、夢を実現すべく日夜努力しております。
 振り返りますと、弊社は海運造船業をお得意先とする救命胴衣の製造・販売にはじまり、やがてレジャー産業へと事業を拡大し、近年はグローバル企業を目指して海外販売にも取り組んでいます。
 商品は、日本の型式承認はもちろん、アメリカコーストガード、カナダコーストガード、欧州CE/ISOマーク、SOLAS等、多数の機関の承認をうけております。また、技術開発も進め、従来の縫製技術に加え、高周波、超音波、ヒートシールなどの技術を取り入れ、業界で革新的なポジションを築いております。製造部門は1991年に中国上海へ拠点を移し、2008年にはベトナム・ハノイに新工場を設立して、コストパフォーマンスの高い、お客様満足を第一とした製品を提供しております。
 多様化する市場のニーズと高度化するお客様の要求にお応えし、スピード感あふれたオンリーワン企業を目指してまいります。

高階救命器具株式会社
代表取締役社長 高階義尚

 創業者の高階忠義、また前社長 高階尚也の本業にこだわったものづくり、そして世界一になる夢を預かり、この変化の厳しい時代を社員一同乗り越え、夢を実現すべく日夜努力しております。
 振り返りますと、弊社は海運造船業をお得意先とする救命胴衣の製造・販売にはじまり、やがてレジャー産業へと事業を拡大し、近年はグローバル企業を目指して海外販売にも取り組んでいます。
 商品は、日本の型式承認はもちろん、アメリカコーストガード、カナダコーストガード、欧州CE/ISOマーク、SOLAS等、多数の機関の承認をうけております。また、技術開発も進め、従来の縫製技術に加え、高周波、超音波、ヒートシールなどの技術を取り入れ、業界で革新的なポジションを築いております。製造部門は1991年に中国上海へ拠点を移し、2008年にはベトナム・ハノイに新工場を設立して、コストパフォーマンスの高い、お客様満足を第一とした製品を提供しております。
 多様化する市場のニーズと高度化するお客様の要求にお応えし、スピード感あふれたオンリーワン企業を目指してまいります。

高階救命器具株式会社
代表取締役社長 高階義尚

会社情報

私たちは水のあるところの安全とその環境保全を通じて
社会に貢献する製品づくりに邁進することを誓います。

高階救命器具株式会社は、創業者の高階忠義が昭和10年に大阪で創業して以来、一貫して水際での人命救助のための器具を製造販売しています。
創業した大阪の浪速区反物町は当時、近隣に造船所が多くあり、ここで造られた商業船舶に搭載する救命器具が求められていたことが創業のきっかけです。
戦後、時代は高度経済成長期に入ります。それに従って弊社はレジャー用や、作業船の為の救命器具を開発し、さらに水辺の環境を守る為にオイルフェンス・シルトフェンスの製造も始めました。
現在の高階救命器具株式会社の業務は大きく分けて4つあります。

1.業務用救命防護用品の製造販売
日本・アメリカ・ヨーロッパなどの厳しい安全基準を満たした救命器具*の製造販売。弊社の最大の柱です。
*(救命胴衣・イマーションスーツ・消防員装具・ケミカルスーツ等)

2.海洋土木用品の製造販売
水辺の環境保全のための、オイルフェンス・シルトフェンスといった海洋土木用品の製造販売。

3.レジャー用救命用品の製造販売
釣り・マリン等レジャー用救命胴衣・浮力補助具・防水用品等の製造販売。
国土交通省型式承認をはじめ、アメリカ、ヨーロッパ、オーストラリア、中国、韓国の承認を取得し、グローバルな販売実績をもっています。

4.アウトドア用品の輸入・製造販売
世界から優れた水辺のアウトドア用品を輸入また、製造販売する親水の為の啓蒙事業です。
「水辺の安全と環境保全」を社是に、高階救命器具株式会社は今までも、そしてこれからも優れた品質の製品を世界のユーザーにお届してゆきます。